そのビール冷えてます?

とりあえずの雑記ブログ。燻製やネットショップのことなど

個人事業主

個人事業主に対する税金と社会保険の種類と納付時期

投稿日:

個人事業主になって約1年。おかげさまでなんとか軌道にのってきましたが、サラリーマンと違い個人事業主の場合は税金の天引きがありませんので、どの程度税金支払い分をためておかないといけないのか。
突然に通知であわてることの無いように、調べてみました。
事業に関する税金だけではなく、忘れてはならない「社会保険」も含んだ全ての税金と社会保険になります。

個人事業主が支払う必要がある税金と社会保険は下記7種類

1.所得税・復興特別所得税
2.住民税
3.個人事業税
4.消費税
5.固定資産税
6.健康保険
7.国民年金

所得税・復興特別所得税

所得に対してかかる税金「所得税」です。収入から経費を引いてさらに各種控除を引いた「所得」金額に対してかかる税金です。
所得金額によって税率と控除額が変わってきますので、下記の表を参照してください。

課税される所得金額 税率 控除額
195万円以下 5% 0円
195万円超330万円以下 10% 97,500円
330万円超695万円以下 20% 42万7,500円
695万円超900万円以下 23% 63万6,000円
900万円超1,800万円以下 33% 153万6,000円
1,800万円超4,000万円以下 40% 279万6,000円
4,000万円超 45% 479万6,000円

-個人事業主

Copyright© そのビール冷えてます? , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.